「左右の視力が違うと眼精疲労とな

8月 25, 16 • Uncategorized「左右の視力が違うと眼精疲労とな はコメントを受け付けていません。Read More »

「左右の視力が違うと眼精疲労となる」ことを知って、どう感じたでしょうか?いつもの生活ではそこまで意識されませんが、人の両目の視力は違っているケースがほとんどです。その左右の視力の違いが眼精疲労の原因になるのです。
まぶたの筋肉が疲労することで硬くなることが引き金になります。
まぶたの筋肉が硬直してしまうとまぶたの周りにあるマイボーム腺から出ている脂分の出が少なることが原因となって眼精疲労によるドライアイが引き起こされるのです。出来る限りまぶたの筋肉をやわらかく保つことが重要です。涙の分泌量は一般的に、目が疲れてしまったり、ストレスを感じたり、コンタクトを装着することで減少するといわれています。
パソコンによる作業などでモニターをじっと見つめていると眼筋が負荷を受け、まばたきの頻度も減少し、基礎的な涙の分泌が落ちて、目に含まれる水分も減少することになります。
いうまでもないですが、右と左の視力が異なる状態でいる生活を長く続けていると、毛様体筋に負担がかかります。その疲労の連続で毛様体筋と眼筋の調節などが壊れてしまい、眼精疲労へとなってもひとつも変なところはないのです。今のままの仕事をし続けるかぎり、眼精疲労はつきまといます。眼精疲労を治す努力を試していても、ひたすら、目に優しくない仕事をやめずに続けるのが普通でしょう。そうなってくると眼精疲労の治療も十分な結果が得られないこともあるかもしれません。

Comments are closed.