けれどもそのことについては医者の世界では

3月 8, 16 • Uncategorizedけれどもそのことについては医者の世界では はコメントを受け付けていません。Read More »

けれども、そのことについては医者の世界では認められているわけではなく、著者の自論に過ぎません。非常に極端な説で「先生が述べるべきでない」をはじめとした批判的な意見も見られます。
ただし、糖質を一切摂取しないとなると問題です。糖質は、タンパク質、脂質と合わせて、人の身体にとって大切な3大栄養素の一つと言えます。その必要な栄養素を少しも摂らない状態がキープされると、そのうち不健康にもなってしまうからです。
昨今、現役の教授が執筆した、完全に炭水化物を摂らないことを提唱するムックが取り上げられ、炭水化物のカットが医学的にも証明されているかのような論争が聞かれるようになってしまっています。
糖質をカットするダイエット法には、「低インスリンダイエット」という名前で呼ばれるダイエットがあります。
糖質カットは漠然として想像することができるけど、低インスリンと突然いわれても考え付かない人もいるでしょう。何ゆえ炭水化物を減らすことが体重を落とす繋がってくるのか、そのからくりを究明していくと、炭水化物は胃によって利用されて糖質に移り変わります。

Comments are closed.