けれどもどんなに対策をとっても足がつってし

4月 14, 16 • Uncategorizedけれどもどんなに対策をとっても足がつってし はコメントを受け付けていません。Read More »

けれども、どんなに対策をとっても足がつってしまうことがおこるかもしれません。
そういったときは適切な対応を取らなければなりません。
仮に近くに陸地があり、上がれるようであれば上がってから座り、足をしっかりと伸ばしましょう。
それから、水泳もスポーツであるため、水中にいるため気づいていないかもしれませんが、汗は出ています。
これにより、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルに加え水分が不足してしまうことによって筋肉がしっかりとした代謝を保てなくなってしまいます。
実は水泳はかなり筋肉を使うスポーツであるがために、その筋肉が長時間緊張状態で使用されるため疲れが蓄積されて収縮してしまうことが要因となって足がつるという状況が起こるのです。このことから、水泳は足がつる原因をたくさん持つスポーツだと言うことができます。
ではどうすれば足がつってしまうのを予防することができるのでしょうか。
まず最初に水に入る前に前もって準備運動はちゃんとしましょう。それが筋肉の痙攣を引き起こし、いわゆる足がつるという事態を引き起こすのです。また、身体を冷やしてしまうことも足がつる理由の一つだと思われています。

Comments are closed.