こうしたことにより結果としては毛様体

8月 18, 16 • Uncategorizedこうしたことにより結果としては毛様体 はコメントを受け付けていません。Read More »

こうしたことにより、結果としては毛様体筋をほぐすことになり、眼精疲労への防止につながります。
古くから、「目に疲れがあったら遠くを見つめるとよい」と考えられてきました。こういったことには、こわばった毛様体筋をほぐし、目の疲れを緩和させるという意味が込められていたのです。
涙の分泌量は普通、目が疲れたり、ストレスを感じたり、コンタクトをつけることで減少するといわれています。パソコン作業などでモニターをじっと見つめていると眼筋が疲労感を感じ、まばたきが減り、基礎的な涙の分泌が落ちて、目の表面にある水分も少なくなります。両手それぞれの親指を立て、肩幅と等しい広さに伸ばして、右手と左手の親指を代わりばんこに見ます。次第にそのペースを上げ、両手の間隔も外に広げていきます。
一つの場所を凝視することからくる眼筋のこわばりを軽くします。
やる時間は飽きない程度で良いでしょう。近くと遠くを交互に見る休息方法も楽にできます。やり方は単純で、30センチの距離と3メートルほど先の場所に目標とするものを決め、5~10秒経つごとに交互に見つめるだけです。
このシンプルなケアをするだけで、近くにピントが固定されている状態を緩和することができます。
パソコンを見て行う作業をずっと行うと、まばたきの頻度が減ります。そうなってしまうと、涙が目の表面に広がらなくなります。
実をいうと、私たちの涙には2種類があるそうです。
感激したときに流す「反射性の涙」と、目がカラカラになったときに出る「基礎的な涙」の2種類の涙を状況に応じて出して眼球を護っているのです。

Comments are closed.