このようなことから時たま足がつる程

5月 12, 16 • Uncategorizedこのようなことから時たま足がつる程 はコメントを受け付けていません。Read More »

このようなことから、時たま足がつる程度であれば、とりわけ心配することはないですが、普段生活していてしばしば足がつるようであれば、もしかしたらそれは重い病のサインかもしれません。
脳梗塞という名の病は、脳の血管が詰まったり破れたりしたせいで、脳の細胞が死んでしまったために起こってしまう病気なのです。
ふと言葉がでなくなったり、ろれつが回らなくなる、手足の左右どちらかだけに力が入らないなどという症状は脳梗塞の前兆です。閉塞性動脈硬化症の場合、ふくらはぎの箇所に症状が出ることが多いのが特徴だと言えます。
もしもふくらはぎの部分にしびれあるいは痛み、つるという様な症状が見られ、それがしばしば起こるとなれば注意が必要です。現在日本人のうち糖尿病を患っている人は、糖尿病予備群の人も含めると2000万人以上になると言われます。言ってみれば、日本人のうち約5人に1人は糖尿病または糖尿病予備群なのです。
三つ目は、脳梗塞です。
脳梗塞という病気は脳卒中の1つで、日本人が亡くなる原因の第3位であるたいへん身近な病気です。1年で数十万人の人が発症しているとのことで、有名人や芸能人でも発症した方がいることもあり、知っている方も多いのではないでしょうか。

Comments are closed.