そしてこの頃は赤ちゃんも歯茎を利用して食品

11月 9, 15 • Uncategorizedそしてこの頃は赤ちゃんも歯茎を利用して食品 はコメントを受け付けていません。Read More »

そして、この頃は赤ちゃんも歯茎を利用して食品をつぶすことができる状態になるので、野菜を切る大きさはみじん切りからさいの目ほどへと次第に大きくしていきましょう。
生まれて9~11か月頃になると離乳食を開始してからもう4、5か月経過しているのでだいぶん慣れてきた時期なのではないかと思います。この時期には離乳食を食べさせる頻度も1日3回にします。既にもし前歯が生えているなら、野菜をスティック状にして赤ちゃん自身につかませたり、かじったりすることにも試してみましょう。
また、5倍粥に慣れてきたら、徐々に水の量を減らしていき軟飯へと変えていきます。このことから、就寝時間のできるだけ2時間前までに食べさせてあげてください。
この時期はこれまでと比べてより与えられる食べ物の種類が多くなります。とはいっても、アジやサバなどの青魚は食物アレルギーの出る恐れがある食品ですから、与えるときには十分に注意してください。
なお、めかぶやひじき、もずくのような海藻も与えることが可能です。

Comments are closed.