そのような歴史もあり働き手も「モーレツ社

3月 11, 16 • Uncategorizedそのような歴史もあり働き手も「モーレツ社 はコメントを受け付けていません。Read More »

そのような歴史もあり働き手も「モーレツ社員」という立場に立ち、プライベートな時間を犠牲にして仕事を優先することができていました。「この企業についていけば、生涯生活が保障される」という意識が誰にでもあったので、休みがなくても耐えることが出来たのです。
けれども、現実には以前からある企業にもブラック労働を強いている会社は増えてきています。残念でならないですが、大手の家電メーカーでも、近年では矢次ざまに問題を起こしています。
バブル時代も、他の国から批判を受けるほど働いている時間は長く、社員の自由な時間に影響を与えることは多くありました。拘束時間の長さだけ見ると、日本の会社は以前から同じ状態と考えて良いでしょう。ですが、昔の日本企業の経営では、社員は会社に自由が制限される代わりに、それに見合った冥利もありました。例え、景気が悪くなったとしても首切りはされない「終身雇用」という仕組みが前提となっていました。しかしながら、この主従関係は景気が悪化してから登場したブラック企業には見られません。
業績と関係なく解雇するのも当たり前です。
もとより、長い間雇うということなど想像していないように感じます。

Comments are closed.