というのも買取店の場合は買取を前提として査定

9月 8, 16 • Uncategorizedというのも買取店の場合は買取を前提として査定 はコメントを受け付けていません。Read More »

というのも、買取店の場合は買取を前提として査定するので、買取額に満足できないケース以外は売ることを前提に依頼を行うこととなるのです。
送っている途中で切手が傷つくことがあるので、厚紙を当てて保護しましょう。
とりわけ希少度の高い切手の場合は痛んだりすると査定される額が大きく低下することもあるため注意が必要です。
高く買取してもらいやすいシートは、手彫、菊、田沢切手などのシートです。そんな中でも、保存状態がよく、カラーマーク入りなら需要も期待でき、買い取り額が高くなるといえます。切手は単品のものよりもシートの方が高価な額で売れることが多いです。
小型シートの場合でも、バラよりは高い金額で売れます。切手の買取は古物商に分類されているため、古物営業法に規定されたお店でなければ売れません。
切手以外では、明治時代の古封筒といったものも高額で買い取ってもらえるケースがあります。
通常は、買取店で査定のみを頼むことはできません。

Comments are closed.