ピアノというものはハンマーで弦を叩いて

12月 9, 15 • Uncategorizedピアノというものはハンマーで弦を叩いて はコメントを受け付けていません。Read More »

ピアノというものは、ハンマーで弦を叩いて音を発生させる鍵盤楽器の仲間であり、多くは据え付けて用いる大型の楽器で現在の標準的なピアノは88鍵を備え音域が非常に広くクラシックのオーケストラの全音域よりも広いです。チューバは吹奏楽で使われる楽器のひとつの種類であり、一般的にチューバは、ハ調、変ホ調、ヘ調の調性を持っていますそれらのチューバは吹奏楽や管弦楽において大編成の合奏から独奏に至るまで、幅広く用いられます。
サックスは大小おおくの楽器が存在していますが、それぞれの楽器はほとんど似通った形をしています。
サックスの管の形状は、吹き口から音の出るほうに向かって、ほぼ一定に太くなっており、全体として円錐状になっています。
トロンボーンは金管楽器の一種であり、U字型の2つの長い管を繋げた形状になっており、スライドを伸ばしたり縮めたりして音程の高低をつけます。クラシック音楽をはじめ、たくさんの分野で使用されています。
ギターが弦楽器の仲間で弦が6本あります。
大分類としては、箱状のボディーで生の音を共鳴器として使用して大きな音にする楽器と電気増幅回路とピックアップを使って音を拡声させた楽器のふたつの種類に大別します。

Comments are closed.