ブラック企業の社員になることをあらかじめ

12月 12, 15 • Uncategorizedブラック企業の社員になることをあらかじめ はコメントを受け付けていません。Read More »

ブラック企業の社員になることをあらかじめ回避するための基準はあります。
基準となる情報をめいっぱい収集し自分なりに分析すれば、リスクの高い会社を選択肢から除くことは決してむずかしいことではありません。これは単なるイメージだけの話ではなくて数字上でも裏付けが取れています。あくどい賃金不払いの例は、小売や接客の業界でことに多くみられることは数値上にもはっきりと出ています。
飲食・小売の業界と同じくベンチャー企業や急成長企業が多いこの業界では、労働法への想いが業界全体であまりない傾向にあるほか、コンピュータを相手とする孤独な作業を強いられるプログラマーのSEの業務は、ほかの業種と比較してもうつを発症してしまう可能性が高いと言われています。ブラックな企業が「この企業はブラックだ」と自分たちからいうことはまずありえませんが、その会社の求人広告を確認すると、ブラック企業ならではのキャッチコピーを見つけることが可能でしょう。
最初の指標は「業種」です。
どういった業界に多数のブラック企業があるのか傾向を見てみましょう。
過労死者を出しているのはまず飲食業です。厳しいスパルタ教育の様子がテレビで紹介され、責められた事例もあります。

Comments are closed.