例えば残業代がちゃんと払ってくれない企業

4月 1, 16 • Uncategorized例えば残業代がちゃんと払ってくれない企業 はコメントを受け付けていません。Read More »

例えば残業代がちゃんと払ってくれない企業に就職したら、働いた時間の記録をご自分でとるようにしましょう。
企業が残している記録は改ざんされることも、包み隠されることもあるからです。
勤務時間はお金だけでなく健康面にも影響を与えるのでみなさんに記録をつけていただきたいです。
サラリーの効力が消滅するのは普通は2年です。
早々に催促する考えがなかったとしても何かあったときのために今から記録をとっておいた方が良いでしょう。ですが、固定残業代でめんどくさいのは、「本来の契約はいくらか」がわかりづらくなっている点です。
言うまでもなく、高い基本給の方が残業代もそれに見合って高くなるので、企業は低い方が良いと考えるはずです。
契約書への同意が優先されますが、会社の求人や会社説明会で提示された勤務条件についてもちゃんと記録をとりましょう。
早めに見破れた場合には就職前にその会社を選択肢に入れないようにできますし、後に判明した場合には、企業が詐欺まがいの求人を出していた重要な記録となります。条件をしっかりとなされていない固定残業代は違法で、簡単に言うなら給与を支払っていないという一つの形態にすぎません。固定残業代の対応に関してはまず、契約をきちんと確かめる事が肝心です。

Comments are closed.