最初の判断金順は「業種」です。どのような業界に

12月 24, 15 • Uncategorized最初の判断金順は「業種」です。どのような業界に はコメントを受け付けていません。Read More »

最初の判断金順は「業種」です。どのような業界にブラック企業が多いか、を見てみましょう。過労死者が多いのは飲食業です。
ひどいスパルタな指導の様子がテレビで紹介され、責められた実例もあります。
当然登載のない場合もありますが、掲載のない企業は答えられない事情があるととって良いでしょう。
だから、未回答の会社はそれ自体が気を付けるべき対象となるでしょう。
飲食や小売業と同じくベンチャー企業や急成長の企業が多いこの世界では、労働法を守る考えが業界内で薄い傾向にあるほか、相手がコンピュータである寂しい作業を強いられるシステムエンジニアやプログラマーの仕事は、ほかの業種と比べてもうつを発症するリスクがあると言われています。また小売業では、大手アパレルの退職率が50%にのぼることが分かっています。
このように、飲食や小売りの世界はブラックとみなされている企業がよくあるというのが通常の心象と言えるでしょう。特に用心したいのが異常にテンションの高い企業です。社員みんなでキメている写真を載せていたり、やたらと「気合」「根性」「感動」などのはっきりしないスローガンをかかげている会社は要注意です。
そういう会社は課されているノルマが厳しく、社員へのプレッシャーがすごい傾向があるため、避けたほうがいいでしょう。

Comments are closed.