株式投資を行う人のほとんどは投資した株をどこ

1月 14, 16 • Uncategorized株式投資を行う人のほとんどは投資した株をどこ はコメントを受け付けていません。Read More »

株式投資を行う人のほとんどは投資した株をどこのタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませるかもしれないです。
しかし、一番高騰したところで株式を売り抜くことは本当に困難なので、「頭と尻尾はくれてやれ」の意気込みで売り抜けられればいいではないでしょうか。株式投資の初心者の方が、いざ決算書を読もうとしても、書いてある内容が全然わからなくても仕方がありません。とはいえ、心配しなくても平気です。
株式投資では、短い間の売買に絞れば決算書を見なくても儲けられるからです。
信用取引というのは現物株や現金を担保として資金以上の取引、空売りが可能なことが大きい特徴です。特に空売りは下落相場だと大きい力を発揮し、上手に利用することで高い相場でも低い相場でも儲けとなる武器となるのです。ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の方は資金管理を慎重にする必要があるのです。株取引では、株式チャートを参考に売買の判断を行うやりかたがあります。
そして、その1つの方法が押し目買いという名の手法なのです。
株価が移動平均線と接する部分を底値と考えて、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いという手法です。
これまでの経験をふまえて、これから株価が上昇する傾向が強まるポイントといえます。
私はちょっと前に株を開始したばかりの初心者で、株式投資初心者の本を購入し、学んでいます。役立ちそうな本もあれば、「おや?こっちの本と触れられていることが違うきがするな?」と多少疑問をもってしまうような本もありましたが、良い所も駄目な所も全て学んでいきたいです。

Comments are closed.