次の指標は退職率です。業種のみで評価できない場合の

1月 29, 16 • Uncategorized次の指標は退職率です。業種のみで評価できない場合の はコメントを受け付けていません。Read More »

次の指標は、退職率です。
業種のみで評価できない場合の判断基準として役に立ちます。「就職四季報」国内5000社以上のプロフィールが掲載されていますが、ここ最近では新卒で入った人の3年後離職率が記載されるようになっています。3年以内の平均離職率が3割程度となりますので、3割以上の会社は注意したほうがいいでしょう。
ブラック企業が「うちはブラック企業だ」と自らいうことはまずないですが、その企業が出している求人広告を見ると、ブラックだからこそのキャッチフレーズを確認することが出来るでしょう。また小売業では、大手アパレルの離職率が半数になることが分かっています。
このように、飲食業や小売り業はブラック企業がよくあるというのが世間一般の認識となっているのです。
ブラック企業で働くことを事前に回避するための物指はそれなりにあります。
指標となる情報を出来るだけかき集め自分なりに分析すれば、リスクの高い会社を選択肢から排除することは出来るでしょう。
一つ目の指標は「業種」です。
どんな業界にブラック企業が多いか、傾向を見てみましょう。過労死者が多くみられるのはやはり飲食業です。壮絶なスパルタ検収の様子がメディアで取り上げられ、非難を浴びた事例もあります。

Comments are closed.