近年現役の教授が執筆した炭水化物の完全カ

1月 5, 16 • Uncategorized近年現役の教授が執筆した炭水化物の完全カ はコメントを受け付けていません。Read More »

近年、現役の教授が執筆した、炭水化物の完全カットを薦める論文が話題になって、炭水化物のカットが医学的にも根拠があるかのような論調が耳に入るようになりました。糖質カットのダイエット方法がブームになっています。その方法は、ごはんやパン、麺類などの主食をとるのを控え、炭水化物もできる限り食べないように喚起しているダイエット法です。だけどどちらも根本的に炭水化物カットや糖質カットと同じ箇所があります。
つまりは血糖値があまり上がりにくい食品を食べるといった方法です。
ごはん・パンなどの炭水化物は、消化吸収され糖質となります。どうして炭水化物を減らすことが痩せることに結びついているのか、その仕組みを究明していってみると、炭水化物は胃で分解され糖質になるのです。
その糖質を大量に摂取してしまうことが、肥満の原因の一つになっていくのです。
ですから摂取量をそれまでの半分、3分の1に抑えれば、自然に体重が減っていくことは予測できます。

Comments are closed.