FX取引でのスリッページの意味はトレーダ

11月 15, 15 • UncategorizedFX取引でのスリッページの意味はトレーダ はコメントを受け付けていません。Read More »

FX取引でのスリッページの意味はトレーダーにとって不利な価格にすべって約定されてしまうことです。指値注文などの価格指定の注文を行わず価格指定を行わない成行注文がすべると起こります。相場の動きが激しい時に起こることが増えますが、約定力の高いFX業者に取引を任せた場合は発生しにくくなります。
FX初心者が注意すべきことはレバレッジをよく見ておくことです。市場が予想と異なった動きをしているにもかかわらず、適当な気持ちでナンピンすると、気付いた時にはレバレッジが高くなっていて、証拠金維持率などを見ていないと強制的にロスカットさせられます。
ロスカットの事態になると、ほとんどの場合で大きな損失が出ます。
バイナリーオプションに投資する時、独断のみで売買するのと、自動による売買をするのでは、どちらの方が得と考えられるでしょうか。
自己判断のみで売買すると、結局のところ、ヤマカンに頼ってしまうケースが多く、十分な成果を出すことは難しいかもしれません。データにそった自動での売買の方がよい成績が期待できると感じます。
FXの主流は、短期での取引です。通常、デイトレと呼ばれています。
デイトレでいう「デイ」とは、日本時間の0時から24時とは違い、ニューヨークの時間になります。
要は、世界における金融は、ニューヨークを中心として動いているということなのです。
短期トレードは、価格が急激に変化する危険性が低めになりますが、その分、大きい利益も得にくくなります。
FXのトレードを実行する上で、とても重要なことは事前に、損切り価格を決めておくことです。
損切りは損失の金額をできるだけ少ない金額に抑えるために、ある一定の値段になったら取引を終えると、定めておくことをいいます。損失が拡大し続ける状況を防止するためには、損切りを尻込みせずに行うことが肝要です。

Comments are closed.